TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市川上町高山、高山市

地名の由来:川上町高山、高山市

地名の由来

 高梁市の川上地域の近い場所に高山という地名と、高山市という地名があります。
 読み方はそれぞれ、【コウヤマ】と、【コウヤマイチ】です。

 高山の方は旧川上郡(現・高梁市)の南部で最も高い辺りに位置する事に由来します。
 もう一方の高山市は、その麓に位置する地名です。

 こちらは穴門山神社の門前町として栄えた事に由来する地名です。
 穴門山神社は【高山様】とも呼ばれており、地名はそちらに由来しているのです。

穴門山神社

 穴門山神社は非常に古い神社で、延喜式の式内社にも名前が挙げられています。
 高梁市川上地域の広範囲から崇拝されてきました。

 社殿は一度焼失して1637年に再建されたもので、県の指定文化財に指定されています。

 また周辺は自然が豊かで、数多くの植物が見られます。
 珍しい種類も多いことから、穴門山の社叢として県の天然記念物に指定されています。


 -戻る-


写真:高梁市川上町高山市の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る