TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市巨瀬町

地名の由来:巨瀬町

地名の由来

 高梁市の有漢川中流域に位置する地域に、巨瀬町という地名があります。
 漢字を見るだけでは読めない難読地名で、巨瀬の読み方は【コセ】です。

 地名の由来ははっきりとせず、幾つかの説があるので、ご紹介します。

 まず巨大な瀬…という文字なので、高梁川の事を指しているとする説。
 また細い路地が多い土地柄から、小路が転じて巨瀬となったという説も伝えられています。
 その他にも渓谷の地形を表現する小狭を由来とする説などが伝えられています。

美作市のコセ

 巨瀬という地名は珍しい…と思いきや、実は県内に巨勢と書いてコセと読む地名があります。
 こちらは吉野川沿いに位置する地域です。


 -戻る-

関連リンク


写真:巨瀬地域市民センター付近
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る