TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市菰池

地名の由来:菰池

地名の由来

 倉敷市の鷲羽山の近くに『菰池』という地名があります。
 余り見慣れない漢字なのですぐに読めない方も少なくないと思います。
 読み方は『コモイケ』です。

 実は地名の由来は文字のままです。
 菰池の地区内には池が多く、またその池には『マコモ』(=菰)がよく繁っており、その情景が地名になったのだそうです。

マコモとは

 マコモとは、イネ科の植物です。
 特に珍しい植物ではなく、日本各地の池や川などで見られます。
マコモ
(池に繁っているマコモ)

 ちなみに、マコモダケというのは、マコモを食用に用いた物のことです。
 菌に寄生されて、肥大化した新芽の事です。




 -戻る-


写真:菰池の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る