TOP備中県民局エリアの地名の由来>笠岡市・北木島

北木島

地名の由来:北木島

地名の由来

 笠岡諸島最大の島が、今回紹介する北木島です。
 島の名前は、古い地名が転じたものと言われています。
 古い文献において北木島は『柴ノ島』などと記されており、この柴という文字が『北』と『木』の二つに分けられて出来たのが、現在の北木島の地名だと言われています。

 島の北側に地名の由来になった巨木があるというわけではありません。
 『きたき』と呼ばれる事もあるのですが、正式な地名は『きたぎ』です。

 島内で伝統的に行われている『流し雛』(上の写真が実際の風景)は笠岡市の重要無形文化財となっています。

北木石の産地

 笠岡諸島で最大といっても面積は7.6平方キロメートルくらいなので、実際には見るとそれほど大きな島では有りません。

 しかし島には大きな産業があり、人口も千人を超えています。

 島内で算出される良質の花崗岩は『北木石』と呼ばれる一流のブランドです。
 大阪城の石垣、靖国神社の大鳥居、東京の日本橋といった建造物や、吉田 茂や江戸川乱歩など著名人の墓石としても使用されています。
日本橋
(写真は日本橋)

 現在も採石が続けられ、島野大きな産業になっています。


 -戻る-

関連リンク


写真:上・流し雛の風景
写真提供:岡山県

ページトップに戻る