TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市葛島

地名の由来:葛島

葛の島の地名の由来

 倉敷市の通生沖に、葛島と呼ばれる島があります。
 無人島で、植物がよく茂っているのですが、地名の由来もこの状態にあります。
 葛(かずら)とは、つるを伸ばして他の植物や岩肌などにまとわりつきながら育っていくつる植物の総称です。

 あまり手入れをされていない木々がつる植物に覆われているのを見たことがある人も少なくないでしょうが、葛島は島中を『クズ』と呼ばれるつる植物に覆われています
 そのことから、葛島と呼ばれるようになったそうです。

つるはなぜ絡む?

 ところで余談ですが、つる植物はなぜ他の植物や斜面などに絡みついていくのでしょう

 実は他の植物が大きく育つのと同じ意味を持っています。
 より効率的に光合成を行うために、植物は大きく育とうとします。
 大木であればしっかりとした幹を持ち、上へ上へと育つのですが、つる植物は自分を強くすることではなく、大きな植物に便乗する事でそれを実現しのです。
 自分は太く逞しい幹を持つのではなく、それを持つ植物に絡みつくことで、より効率的な光合成を行える場所まで登っていくのです。

 植物というと、何も考えていないイメージがありますが、調べてみるとそれぞれの植物に生き残りの為の戦略があってなかなか面白いものですね♪



 -戻る-

関連リンク


写真:上空から見た葛島
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る