TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市川西町

地名の由来:川西町

 地名の由来

 川西町の地名は、読んで字のごとく川の西に位置する地域である事です。
 では、その川はどこにあるのでしょう?

 川西町の地名にある川は、倉敷用水の事を指しています。
 倉敷用水の西側に広がる地域で、川西町。
 判りやすいですね♪

 方位と地名と

 川西町のように、方位が地名に入っている場合は、基準になる何かがあって、それに対して西なのか、東なのか…といった形で地名が付けられています。

 時代の中で川が暗渠になっていたり、埋め立てられて消滅していたり…という場合もあります。
 実物が見当たらない時は、周囲の歴史を調べてみれば、かつて基準になったものが出てくるかもしれません。

 東西南北の他にも山陽、山陰のような表現がなされることもあります。
 山陽と山陰は、中国山地(=山)の南(陽)に広がる地域、北(陰)に広がる地域という意味があり、例えば総社市の影という地域は、山の北側に位置する為に付けられた地名です。



 -戻る-


写真:天満宮ゆかりの井戸
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る