TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市川上地域


地名の由来:川上町(現・高梁市)

地名の由来

 川上の地名は文字通り、川の上流に位置することを意味する地名です。
 その川とは高梁川の事です。

 県下最大の流域面積を誇る大きな川です。
 旭川、吉井川と合わせて岡山三大河川の一つに数えられています。

 属していた市町村全てが合併により高梁市となった為に消滅した郡名である『川上郡』の名称も、同様の由来です。

川上の歴史

 高梁市の川上町は、1954年~2004年まで独立した町でしたが、平成の大合併の際に高梁市成羽町備中町有漢町と対等合併を行い、新・高梁市となりました。

 町内の地名(大字)には旧町名を冠した『川上町○○』として、歴史ある川上の地名を残しています。

 ユニークな施策としては、漫画による町おこしを行っていました。
 地域内にある吉備川上ふれあい漫画美術館は、古今東西の大量の漫画を読む事が出来る面白い美術館です。


 -戻る-


写真:高梁市川上地域の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る