TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市片島町

地名の由来:片島町

地名の由来

 倉敷市周辺は海だった場所が多く、玉島、児島、連島…といったように、地名にも島がついている場所が散見されます。
 片島町も、やはりかつては島だった地域です。

 海に浮かぶ島だったのが、高梁川から流れてくる土砂により、徐々に周辺が干潟のようになった為、元々は潟島と呼ばれていました
 やがて漢字が転じて現在の地名である片島になりました。

片島の歴史

 江戸時代に干拓されて、完全に陸続きとなりました。
 片島神社などの寺社がある片島山の辺りが島だった場所です。
 まだ島だった南北朝時代には城が築かれた事もありました。

 干拓された頃から片島村となり、後に合併で甲内村、河内村、西阿智村、西阿知町と変遷して、現在は倉敷市片島町となりました。



 -戻る-


写真:片島の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る