TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市神田

地名の由来:神田

地名の由来

 倉敷市神田は連島地域にある地名です。

 神田とは、神社の様々な運営費を捻出する為に整備されていた農地の事を指します。
 神田周辺の氏神は亀山神社で、神田の辺りはその神田になっていた事に由来する地名です。

 神田の地名は同様の由来を持つことが多いのです。
 どこかで神田の地名を見つけた際には、近くに神社がないか調べてみるのも面白いかもしれませんね。

連島神亀小学校

 神田の地区内に連島神亀(しんき)小学校があります。
 連島西浦小学校の生徒数が増加した為に、亀島と神田を分離して新設された小学校です。

 亀島と神田で神亀かと思いきや、実は由来は別にありました。
 鶴新田水門笠石に刻まれている言葉が小学校の名前の由来になっているのだとか。
 その文章は以下の通りです。

 龜島高く聳え 鶴田遠く連なる
 爰にその地を卜し 新たに良田を闢く
 神龜海を鎭め 靈鶴天を護る
 風于汐于 閘萬年に堅し
 この中に出てくる神亀(龜)が校名の由来なのだそうです。
 (連島神亀小学校・公式サイトより)


 -戻る-

関連リンク


写真:連島神亀小学校
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る