TOP備中県民局エリアの地名の由来>浅口市金光町上竹、下竹

地名の由来:金光町上竹、下竹

上竹、下竹とは

 浅口市の金光地域に上竹下竹という地名があります。
 上竹は遥照山から山陽自動車道にかけての一帯で、下竹はその隣接する地域です。

 上竹には古い遺跡が幾つも発見されているほか、アニメで人気を博した『天地無用!』の主人公の家だった神社のモデルがあるなど、市外や県外の方でも、地名を目にしたり耳にする機会があるかもしれません。
 

地名の由来

 この辺りは元々、大和朝廷を経済的に支えるための『御名代』と呼ばれる地域に指定されていました。

 御名代は天皇の一族の名前を冠していましたが、上竹、下竹の辺りは日本武尊(ヤマトタケル)の名前を附していました。
 この事から、周辺は『武(タケ)』と呼ばれており、それが転じて竹となり、竹の上の方の地域が『上竹』、下の方の地域が『下竹』と呼ばれるようになったそうです。

 元々属していた金光町が合併により、浅口市となる際に、住所表記上に旧町名を残す為に、金光町を冠した【金光町上竹】、【金光町下竹】の地名に変更されました。





 -戻る-

関連リンク


写真:金光町上竹を通る山陽自動車道
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る