TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市清音柿木

地名の由来:清音柿木

地名の由来

 総社市で、ちょっと気になる地名を見かけたので、さっそく調べてみました。

 【総社市清音柿
 読み方は清音【カキノキ】です。 
 …って、そのまんまかーいっ!!(゚ロ゚屮)屮

 地名の由来は、かつてこの地域に、非常に立派な柿の木があった事です。
 その柿の木が地域のランドマークのような存在として親しまれていた事から、自然的に誕生した地名という事のようです。

 元々は清音村柿木でしたが、合併によって総社市になった際に旧来の清音の地名を大字に冠した清音柿木へ改称されました。

目印が地名となる

 地名の誕生には幾つかのパターンがあります。

 最近で多いのは公募から選んだりして、パッとこの地名にします!と決めてしまうケースです。民主的な方法が好まれますね。

 古い時代になると、寺社のような建物であったり、森林や植物であったり、そういった特徴から、誰ともなしに呼ばれていたのが地名として定着するケースも少なくありませ ん。
 総社市清音柿木の地名も、柿の木がある場所として呼ばれていたのが定着していったのではないでしょうか♪ 

 ちなみに奈義町に柿という地名がありますが、こちらはかつて海辺だったエリアで、牡蠣の化石が出土するという事から転じて付けられた地名です。



 -戻る-

関連リンク


写真:清音柿木の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る