TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市影

地名の由来:影

地名の由来

 『』という一文字の地名が総社市にあります。
 最初に見た時にかなりインパクトの強い地名でしたので、由来を調べてみました。

 この地名は地形に由来するものです。
 総社市影は高滝山という山の北側の麓に位置しています。

 影という言葉には、山の北側という意味があるのです。

山の北が陰で、南が陽

 山の北側が陰(影)で、対する南側は陽です。
 このルールで作られた地名の代表的なものが、山陰地方山陽地方です。
 中国地方は『山陽地方』、『山陰地方』という 二つの地域に分かれます。
 この場合の陽と陰は『中国山地』のどちらに位置するかによって分けられています。
 前述の通り山の北側に有るのが『陰』で、南にあるのが『陽』です。

 なので中国山地の北側に位置する地域が山陰地方、南側が山陽地方なのです。

 総社市影という地名も高滝山の北側の麓にある事から、陰という字が転じて、『影』となったものだと伝えられています。

関連リンク:『山陽地方の地名の由来



 -戻る-


写真:影の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る