TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市稲荷町

地名の由来:稲荷町

地名の由来

 倉敷美観地区からすぐの場所に稲荷町という地名があります。
 この由来は、名前そのままで稲荷神社が祀られていた事に由来します。

 寺社の名前が地名として用いられることは少なくありません。
 広く信仰されている著名な神社である事もあれば、その地域でのみ深く信仰されている神社である事もあります。
 

稲荷神社とは

 稲荷神社はお稲荷さんなどの愛称で全国各地にあります。
 赤い鳥居に、狐というセットの神社を見た事がある人は決して少なく無いでしょう。

 それもそのはず。
 全国で最も多い神社が稲荷神社です。
 伏見稲荷大社を総本宮としており、そこから分霊された稲荷神社はなんと全国で3万超もあると言われています。

 ご利益が五穀豊穣なので、新しく開墾した農地や、日照りなどで凶作が続いた地域などで積極的に勧進されていたのでしょう。



 -戻る-


写真:稲荷町の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る