TOP備中県民局エリアの地名の由来>総社市井手

地名の由来:井手

地名の由来

 総社市の市街地に井手という地名があります。

 井手というのは、農業の為に川の流れをせき止めている所の事を指す言葉です。
 単に堰と呼んだり、井堰とも呼ばれます。

 総社市の井手も、用水路の為に川をせき止めていた辺りだった事に由来する地名です。

井手の歴史

 井手は現在でこそ、田畑よりも住宅や商店が目立つようになっていますが、古くは農業で栄えていた地域です。
 元々の総社(総社村)は八田部郷と呼ばれる地域でした。
 八田部郷が八田部村、清水村、井手村、金井戸村に別れていたのが、合併することになり、その時に決められたのが現在まで続く【総社】の地名でした。

 これは八田部村の辺りに、備中国の総社が置かれた事に由来するものでした。

 これが明治8年の事で、井手の地域は、実は総社から一度分離しています。
 そして明治22年に再び総社村に復帰し、現在に至ります。
 
 戦後になると、国道180号の整備が進み、ロードサイドを中心に様々な店が開業し、賑わっています。


 -戻る-

関連リンク


写真:国道180号付近の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る