TOP備中県民局エリアの地名の由来>早島町

地名の由来:早島町

早島町 概略

町名:早島町(Hayashima)
町の木:カイヅカイブキ
町の花:サツキ
町の鳥:ウグイス
関連リンク:早島町公式HP

地名の由来

 早島町の地名に『島』という文字が含まれることからも想像できる通り、かつてこの周辺は海でした。
 早島町も陸続きではなく、海に浮かぶ島でした。
 後に干拓され陸続きになったのが現在の早島町周辺です。

 地名は島だった頃の、周辺の海に由来します。
 早島周辺の海は非常に潮の流れが急で、航海する際には難所として知られていたそうです。

 その難所に浮かぶ島だったことから、早島と呼ばれるようになったのです。

人口密度県内最大!

 早島町は岡山県内では面積最小の自治体です。県内で面積が最も大きい真庭市と比べると、なんと1/108の大きさしかありません。
 しかし、人口密度においては県内最大を誇ります。

 岡山市と倉敷市に隣接している事から、ベッドタウンとしての需要が高いことが理由と考えられており、実際に町民の7割超は両市のどちらかへ通勤しています。


 -戻る-


写真:早島町・町役場
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る