TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市・臥牛山

臥牛山

地名の由来:臥牛山(備中松山城のある山)

地名の由来

 高梁市にある備中松山城は現存天守(築城当時のままの天守閣であることで、後世に復元されたものと区別した呼び方です)を持つ数少ない城で、その中では最も高い場所にある山城として知られています
 その備中松山城があるのが『臥牛山』です。
 この地名は山を離れてみてみると、牛が臥せているように見える事から来ています。

 臥牛山は四つの峰の総称で、大松山天神の丸小松山前山に分けられます。

 先述の備中松山城の天守閣があるのは小松山ですが、それ以外の場所にも遺構が残されており、かつては臥牛山全体がお城の設備として利用されていたそうですが、後に時代が平和になっていくにつれて現在の天守閣周辺のみ使われるように変わっていったそうです。

猿の生息地

 ところでこの臥牛山周辺で有名なのは備中松山城だけではありません。
 この辺りは野生のサルを見ることが出来る為、天然記念物にしていされている『臥牛山のサル生息地』です。

 一時は積極的に餌付けを行い『臥牛山自然動物園』として一般公開されていましたが、現在では閉鎖されています。

 現在でも時候の良い季節に備中松山城へ行くと、その姿を確認することが出来ます。
 人間が何か食べ物や、食べ物が入っていそうに見える袋などを持っているのを見ると、襲い掛かってくる事があるそうなので、山を訪れる際はなるべく手ぶらで行くようにしましょう。



 -戻る-

関連リンク


写真:臥牛山
写真提供:岡山県

ページトップに戻る