TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市船穂地区

地名の由来:船穂

地名の由来

 船穂という地名は、この辺りが運河として賑わっていたことに由来します。

 沢山の船が行き交うことから船帆、それが農業も盛んな地域であることから、船穂と転じて現在に至ると考えられています。

 現在の日本では、もう船が川を行き来するという風景は観光やスポーツ向けで無いと想像が付きませんが、地名にはかつての船穂の風景が残されているのです。

船穂地区の歴史

 倉敷市の船穂地区は平成の大合併の際に倉敷市へ編入合併しました。
 合併前の船穂町時代の大字には『船穂』、『水江』と水辺を思わせる地名が見られます。
 この辺りは元々、運河として賑わっていた地域で、現在でも水位を調整するための水門が残されています。(一ノ口水門、二ノ水門)
 近年になり、陸路による運送が発達して以降は、果物の栽培などの農業で賑わうようになりました。



 -戻る-


写真:倉敷市役所船穂支所
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る