TOP備中県民局エリアの地名の由来>笠岡市道万


地名の由来:道万

地名の由来

 笠岡市尾坂に道万と呼ばれる地域があります。
 読み方は【ドウマン】です。

 ちょっと歴史好きな人なら、もしかするとこの読みでピンと来るかもしれません。
 道万という地名は、陰陽師『芦屋道満』が、周辺に住んでいた事があるという伝承に由来するものです。 

芦屋道満と安倍晴明

 芦屋道満は、安倍晴明のライバルとされる陰陽師です。

 地名の世界に置いても、二者の係わり合いは見られ、安倍晴明の伝説が伝わる場所の近くには、やはり同様に芦屋道満の伝説が伝わっていると言われています。

 笠岡市道万地区に置いても、それは同様で隣接する浅口市にも、やはり安倍晴明の伝説が伝わっており、阿部山、阿部神社といった、安倍晴明に由来する地名が残されています。

 やはり、二者は近くに居続ける定めなのかもしれませんね。

芦屋道満ってどんな人?

 芦屋道満は、安倍晴明と同じ陰陽師として知られる人物です。
 平安時代に藤原顕光に召抱えられており、藤原道長に召抱えられていた安倍晴明とは、本人も主人もライバル関係にあったそうです。

 陰陽師としての能力はどちらも勝るとも劣らないものだったそうですが、ある時、呪詛を見破られてしまい、播磨へ流されたと言われています。




 -戻る-

関連リンク


写真:道万地区の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る