TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市茶屋町


地名の由来:茶屋町

地名の由来

 岡山県倉敷市の茶屋町地区は、岡山市街地と、倉敷市街地のベッドタウンとして賑わう町です。
 快速電車を使えば、岡山駅まで十数分で到着でき、バスを使えば倉敷の中心部まで行くのにも十数分程度という好立地です。

 また四国方面へ向かう電車が停車する駅でもあり、香川県も充分に生活圏に含める事が出来る交通の便を誇ります。。

 茶屋町という地名も昔から交通の要所であった為に、茶屋等の様々な飲食業を初めとするサービス業が栄えて町になった事から来たものです。

読み方の変遷

 地名の読み方は『ちゃやまち』ですが、倉敷市へ編入する前、独立した自治体だった頃は文字こそ同じ茶屋町ですが、読み方は『ちゃやちょう』でした。

 中国地方では市町村として用いる場合は『ちょう』の読み方が一般的で、茶屋町もその慣例に倣った形の読み方にしていたのでしょう。
 現在でも岡山県内の市町村の町は全て、チョウで統一されています。

 ただ地元の方にはちゃやまちという読み方の方が親しまれていたようで、駅の名前や倉敷市へ編入した後の名前は現在の通り『ちゃやまち』に統一されており、逆にちゃやちょうと呼ばれていた時代を知らない人も増えてきたようです。

茶屋町の歴史

 茶屋町の辺りはかつて海でした。
 古くは日本書紀にも登場しており、かの有名な源平の古戦場の舞台となった海も現在の茶屋町周辺だったと伝えられています。
 そんな茶屋町が干拓されたのは江戸時代の事で、1707年に干拓が完成したという、比較的新しい町です。

 尚、茶屋町駅はこのHP内でも紹介している下津井電鉄線の乗換駅でもありました。
 茶屋町駅~児島駅区間は、下津井電鉄線の全線廃線に先駆けて、廃線になってしまいましたが、周辺には駅跡の名残が残されています。
(注:茶屋町駅自体に遺構は残されていません)



 -戻る-


写真:茶屋町駅周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る