TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市白楽町

地名の由来:白楽町

地名の由来

 倉敷市市街地にある地名、「白楽(ばくろ)町」。
 地元の人以外はなかなか読めない難読な地名として知られています。
 地名は伯楽という人物に由来します。

 伯楽は『伯楽の一顧』という故事でも知られる馬の鑑定の名人でした。
 故事の伯楽の一顧とは、偉い人から重用されるような意味合いの言葉で、実際に伯楽が興味を示した馬はとても高値で取引されたそうです。
 この事から、やがて牛馬を売る人の事をバクロウ(伯楽、博労)と呼ぶようになりました。

 白楽町もかつては牛馬を売買する市場として賑わっていました
 その事から、白楽(ばくろ)町となったのです。

白楽町と同じ地名

 同じ読み方の地名で、東京の『馬喰町』があります。
 これは徳川家康が関が原の戦いの際に厩を作り、この地へたくさんの馬の鑑定士を置いていた事からきているので、倉敷市の白楽町と同じ由来です。

 横浜市にも白楽という地名があり、こちらはハクラクと読みますが、やはり同様の由来から生まれた地名です。

 伯楽という言葉が転じて『ばくろう』と読まれるのは先述の通りで、この漢字には『伯楽』、『博労』、『馬喰』という言葉が当てはめられます。
 そしてこれらの地名がある場所は、馬を売買する市が立った場所であったり、馬の管理をする人々が暮らしていた場所であった事に由来します。




 -戻る-


写真:白楽町の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る