何気なく呼んでいる地名の由来、見つけました。

    地名の由来:矢掛町浅海

矢掛町の豆知識

小田郡矢掛町
人口:14,781人(2012年)
面積:90.62km2
町の木:アカマツ 町の花:サクラ
町の鳥:ウグイス
関連リンク:矢掛町公式HP

写真提供:岡山県
 アサミじゃない!
 矢掛町にある罠のような地名が『浅海』です。
 よく見かける読み方で『アサミ』と読んだら、不正解です。

 矢掛町浅海の正しい読み方は『アスミ』です。

 地名の由来
 海の漢字は含まれますが、この地名と海は関係ありません。
 この辺りではすぐ近くを流れる小田川が氾濫することが多く、辺りが水浸しになる事が再々起こったそうです。

 その水浸しの様子を海に例えて、『まるで浅い海みたいだねー』と表現したのが地名の由来です。

 昔の技術などを考えれば、河川の氾濫は大変な問題だったはずですが、こうして風流な地名に仕立てているのを見ると、割と上手く自然と付き合っていたのかな…なんて想像させられてしまいますね。

- 一覧へ戻る -

ページのトップへ戻る