TOP備中県民局エリアの地名の由来>倉敷市浅原

地名の由来:浅原

地名の由来

 倉敷市浅原の地名は、朝原寺という寺院の名前から来ています。
 元々、朝原寺の門前町として形成されたのが浅原地区の起源で、元々の地名は寺院と同じ書き方で朝原村としていました。
 地域を代表するような寺社の名前が地名となる事は少なくなくありませんが、朝原寺という寺院は現在は存在しません。

 戦乱に巻き込まれる形で焼失してしまった為です。
 その後に地名の漢字が改められ、浅原となりました。
 

朝原寺とは

 地名の由来となった朝原寺は、非常に大きな寺院だったそうです。
 浅原自体も、朝原千坊と呼ばれるほど仏教の施設が立ち並ぶ宗教都市のような地域だったそうです。
 朝原寺とは、それらの総称でもあったようです。

 現在、浅原地区にある安養寺は、この朝原寺の系譜にある寺だとも、朝原千坊と呼ばれた中の中心になる寺院だったとも言われています。



 -戻る-


写真:老松町の風景
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る