TOP備前県民局エリアの地名の由来>倉敷市藤戸町天城

地名の由来:藤戸町天城

地名の由来

 倉敷市に藤戸町天城という地名があります。
 有名な歌のタイトルが思い浮かびますが、残念ながら無関係です

 こちらの地名の由来は、天野六左衛門さんという方が城を構えていた事から、頭文字をとって天城となったそうです。

 尚、実際の城の名前は天城ではなく、桜山城といったそうです。
 現在の天城高校に程近い場所にあったと言われていますが、城の遺構は特に残されていないようです。

藤戸町と天城

 現在のように藤戸町天城と呼ぶのは、周辺が藤戸町という自治体だった頃の名残で、倉敷市と合併した際に住所表記に藤戸町の名前を残す為に改称されました。

 歴史を遡ると、1883年に当時別々の村だった天城村と、藤戸村が合併して現在の藤戸地域が誕生しました。
 実はこの時に合併で誕生した新しい村の名前は、天城村でした。

 後に市町村制度が施行された事に伴い、藤戸村となりました。



 -戻る-


写真:藤戸町天城の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る