TOP備中県民局エリアの地名の由来>高梁市成羽町相坂

地名の由来:成羽町相坂

地名の由来

 高梁市の山間部に、成羽町相坂という地名があります。

 地名は二つの坂が出会う場所…要するに相合う場所である事からつけられた地名です。
 一方の道は備中町長屋地区から、もう一方の道は備中町志藤用瀬地区から、それぞれ伸びてくる道だったそうです。

 地形の特徴をそのまま地名としたものですね。
 坂のような判りやすい地形は地名として用いられやすく、例えば坂が始まる辺りの地域を坂根(岡山市東区)としたり、赤磐市の赤坂のように赤土が出る事と坂が多いことを地形の特徴として名付けた例もあります。

周辺の様子

 2004年に高梁市や周辺の町と合併した事で、新・高梁市となった地域で、元々は成羽町という自治体でした。
 合併の際に、伝統ある町の名前を残す為に、地名に成羽町を冠するようになりました。

 周辺には特に観光スポットなどはありません。
 しかし斜面を切り開くように畑が作られた眺めは、中々の壮観です。



 -戻る-


写真:成羽町相坂の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る